1日のカロリーはどんな行動で消費されている?効率のいい運動方法!

体の無駄な脂肪を落としてキレイになるにはカロリーを制限したりカロリーを多く消費する必要があります!

この記事では日常生活のどんな行動でカロリーが使われるのか、効率よくカロリーを消費するにはどんな行動・運動をすればいいのかをご紹介します。

この記事でわかること・日常生活のどんな行動でカロリーが消費されるのか
・効率のいいカロリーを消費する行動はどんなものがあるのか

日常生活でカロリーを消費する行動ベスト5

掃除や洗濯に子供の送り迎えなどなど主婦にはいろんな仕事があります。正直、面倒だな!なんて思うこともありますよね。

でも意外と家事や育児って消費カロリーが多いものをあるんですよ。少し面倒だなと感じたときはこれはダイエットにもなるんだ!とおもって乗り切りましょう。私はそうやってます!

下の表にはメッツ(METs)と書かれている欄がありますが、これは単純に高いほど激しい運動と考えてもらってOKです。

少しだけ解説するとメッツ(METs)は運動強度とよばれるものの単位で何もしていないときを1で表します。なので2なら何もしていないときより2倍のカロリーを消費することになります。

行動 時間 メッツ 消費Kcal
子どもと遊ぶ 30 2.8 74
料理 30 2.5 66
シャワー 15 4 53
買い物 20 3.0 47
皿洗い 10 2.3 20

他にも洗顔や犬の散歩などなどありますが代表的な家事を5つとりあげました。やっぱり子供と遊ぶ(運動)は消費カロリーが多いですね。

そして、意外なことに料理も意外と高いんです。料理ってあんまり足は動かしませんが実は上半身をよくつかっているんです。切ったり・混ぜたり・フライパンを使ったりといろいろやることが多いですものね。

家事だけで痩せることは難しいですが消費カロリーが少しでも増えることはいいことです。普段あまり料理をしないという人はダイエットを期にカロリーの少ない料理を覚えながら料理をしていけば一石二鳥ですよ!

メッツの基準一覧とカロリーの計算方法について

メッツとカロリーの計算について少し補足をしておきます。そんなもの興味がないよ!という方は飛ばしちゃってくださいね。

この運動はカロリー消費がどのくらいってよく聞くけどどうやって決まっているのか疑問に思ったことはありませんか?実はカロリーの計算にはしっかりとした計算方法があるんです。

【計算方法】
消費カロリー(kcal) = 時間(h) × 体重(kg) × 運動強度(METs) × 1.05

運動強度(METs)とはさきほど簡単に説明しましたが安静時と比べて何倍のエネルギーを消費するかの指標です。例えば少し早いウォーキングは3METsとされているので安静時の3倍エネルギーを消費するということになります。

ちなみに安静時とはじっとしている行動で、睡眠や音楽鑑賞、ぼーっしているなどがあります。安静時もカロリーは消費されているくので1METsになります。

じゃあ今度はMETsってどうやって決まってんのさ!って話になりますね。METsの作りの親はスタンフォード大学のDr. Bill Haskellさんという方です。この方が提唱し運動の調査が行われて世界的に使われる基準となりました。

あまり話が脱線してもあれなので厚生労働省が2006年に発表している日常生活のメッツ表一覧をご紹介します。

メッツ 行動
1.8 立位(会話、電話、読書)、皿洗い
2.0 とてもゆっくりした歩行、料理や食材の準備、洗濯など、座って子どもと遊ぶ
2.3 ガーデニング、動物の世話、ピアノの演奏
2.5 植物への水やり、子どもの世話、仕立て作業
2.8 ゆっくりした歩行、立って子ども・動物と遊ぶ
3.0 普通歩行、電動アシスト付き自転車に乗る、ギター演奏(立位)
3.3 カーペット掃き、フロア掃き、掃除機、身体の動きを伴うスポーツ観戦
3.5 楽に自転車に乗る、階段を下りる、荷づくり、モップがけ、風呂掃除、庭の草むしり
4.0 自転車に乗る、階段を上る(ゆっくり)、高齢者や障がい者の介護
4.3 やや速歩、農作業
4.5 耕作、家の修繕
5.0 かなり速歩
5.5 シャベルで土や泥をすくう
5.8 家具・家財道具の移動・運搬
6.0 スコップで雪かきをする
7.8 農作業(干し草をまとめる、納屋の掃除)
8.0 運搬(重い荷物)
8.3 荷物を上の階へ運ぶ
8.8 階段を上る(速く)


【参考元】厚生労働省:運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書

ここの表では見やすいように少し項目を削って紹介していますが、厚生労働省のページにはもっと詳しく書かれていておもしろいのでよかったら覗いてみてくださいね。

メッツが高いほどカロリー消費が激しい行動になります。メッツが高いほどダイエットには効果的ですが普段あまり運動していない人はいきな激しい運動はせず徐々にならしていきましょう。

いつも車で行っている買い物を歩いていくだけでも消費カロリーは増やせるのでできる範囲のことからまずはやっていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする